マリオットアメックス

SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスプレミアムへの変更点【改悪?改善?徹底解説】

SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスプレミアムになると何が変わるの?
マリオットボンヴォイアメックスプレミアムになっても保有するか検討している
りょう
りょう
こんな方向けの記事です

こんにちは、りょう(@Ryo_Kyoto1118)です。

2022年2月24日(木)以降、
「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックス)」が、
「マリオットボンヴォイ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(以下、マリオットボンヴォイアメックスプレミアム)」に変わることが決まりました。

以前から噂されていた今回の変更ですが、
券面デザインだけでなく、特典内容も変更点がいくつかあります。

個人的な結論は「やや改悪したものの、まだ保有し続ける」です。

では実際にどのような変更があって、
どういった方が保有し続ける価値があるのかなど解説していきます。

その前に「マリオットボンヴォイアメックスとは何?」という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

マリオットボンヴォイアメックスとは?【旅・ホテル好きにおすすめの最高の一枚】「マリオットボンヴォイアメックスとはそもそもどうゆうカード?」「マリオットボンヴォイアメックスへの入会を検討している」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は、1.マリオットボンヴォイアメックスの概要、2.特典やサービス、3.ポイントの獲得方法、4.ポイントの使い道についてです。...

SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスプレミアムへの変更点【改悪?改善?徹底解説】

SPGアメックスとマリオットボンヴォイアメックスプレミアムの変更内容比較

SPGアメックスとマリオットボンヴォイアメックスプレミアムを比較して、変更内容を見てみましょう。

赤字は改悪、青字は改善を表しています。

SPGアメックス マリオットボンヴォイアメックスプレミアム
年会費(税込) 34,100円 49,500円
家族カード年会費(税込) 17,050円 1枚目無料、2枚目以降24,750円/枚
カード利用時獲得ポイント ■マリオットボンヴォイ参加ホテルでの利用
100円=6マリオットボンヴォイポイント■上記以外での利用
100円=3マリオットボンヴォイポイント
■マリオットボンヴォイ参加ホテルでの利用
100円=6マリオットボンヴォイポイント■上記以外での利用
100円=3マリオットボンヴォイポイント
利用継続での宿泊実績(カード保有2年目以降) 毎年5泊分付与 毎年15泊分付与
無料宿泊特典サーティフィケート(カード保有2年目以降) 50,000マリオットボンヴォイポイント以下のホテルで1泊1室分

プログラム期間中150万円以上のカード利用で50,000マリオットボンヴォイポイント以下のホテルで1泊1室分
※特典に最大15,000マリオットボンヴォイポイントの追加可能(最大合計65,000マリオットボンヴォイポイント)

ゴールドエリート会員資格 自動付与 自動付与
プラチナエリート会員資格 年間400万円以上のカード利用で付与
100米ドルのプロパティクレジット 「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」に特定プラン2泊以上予約で付与
スマートフォン・プロテクション 購入日より2年以内のスマートフォン修理代金最大3万円補償 
手荷物無料宅配サービス 成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で1人1個無料 羽田空港(第3ターミナル)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で1人1個無料
海外旅行傷害保険 自動付帯と利用付帯 利用付帯のみ

年会費や無料宿泊特典サーティフィケート、海外旅行傷害保険が改悪していますが、
具体的にどのような変更があるのか解説していきます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのSPGアメックスからの変更点と考え方

マリオットボンヴォイアメックスのSPGアメックスからの変更点は次の9点。

①年会費

②家族カード年会費

③利用継続での宿泊実績

④無料宿泊特典サーティフィケート

⑤プラチナエリート会員資格

⑥100米ドルのプロパティクレジット

⑦スマートフォン・プロテクション

⑧手荷物無料宅配サービス

⑨海外旅行傷害保険

それぞれについて詳しく解説していきます。

①年会費

年会費は49,500円となり、
15,400円(ひと月あたり約1,283円)の大幅値上げです。

この年会費をどう考えるかですが、
私は最低条件として「旧カテゴリー6以上のホテルに、年間1泊以上ポイント宿泊できるなら元が取れる」と考えます。

もちろん宿泊する時期にもよりますが、
過去に宿泊した旧カテゴリー6以上のホテルの料金は下記の通りです。

ウェスティン都ホテル京都(旧カテゴリー6):71,809円
W大阪(旧カテゴリー6):63,825円
ザ・リッツ・カールトン大阪(旧カテゴリー7):76,222円
セントレジスホテル大阪(旧カテゴリー7):81,181円
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート(旧カテゴリー7):56,000円
ルネッサンスリゾートオキナワ(旧カテゴリー7):30,400円
ザ・リッツ・カールトン京都(旧カテゴリー8):150,891円
ザ・リッツ・カールトン沖縄(旧カテゴリー8):52,920円 ※宿泊当時はカテゴリー7
イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル(旧カテゴリー8):147,180円

ルネッサンスリゾートオキナワは、
シーズンを過ぎていたこともあり安かったですが、
その他ホテルについては全て年会費の49,500円を上回っています

ここからさらに2泊以上宿泊、
無料宿泊特典サーティフィケートを利用などすれば、
余裕で年会費以上の価値が得られると考えます。

②家族カード年会費

年会費が17,050円から無料になります。
(その分、基本カードの年会費が値上がりしたとも言えますが。)

家族カードでの利用金額は、
無料宿泊特典サーティフィケート獲得プログラムやプラチナエリート会員資格取得プログラムの利用金額達成条件対象となります。

なので、対象の方は基本カードとあわせて保有する方がお得です。

ただし、家族カード会員には、
下記デメリットがあるのであらかじめ理解しておく必要があります。

・マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員資格が付与されない

・無料宿泊特典サーティフィケート獲得プログラム参加権がない

・マリオットボンヴォイ プラチナエリート会員資格取得プログラム参加権がない

・入会ボーナスポイントが付与されない

・宿泊実績15泊分付与がない

・その他特典・サービス対象外

家族カードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

マリオットボンヴォイアメックスの家族カードは保有必須【ポイント合算でお得な特典獲得を目指そう!ただしデメリットも】「マリオットボンヴォイアメックス本カード入会にあわせ、家族カードの入会も検討している」「マリオットボンヴォイアメックスの家族カードより良い選択肢があれば知りたい」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は、1.本カードとの違い、2.デメリット、3.家族カード以外のお得な入会方法、4.ポイント共有についてです。...

③利用継続での宿泊実績

2022年5月11日(水)以降に新年会費49,500円を支払うと、
年会費支払いから1〜2ヶ月後に宿泊実績15泊分が付与されます。

注意点として、
2022年5月11日(火)以前に旧年会費34,100円を支払う場合、
付与される宿泊実績は5泊分となり、15泊分付与は翌年以降となります。

④無料宿泊特典サーティフィケート

無料宿泊特典サーティフィケートは、
プログラム期間中150万円以上のカード利用で年会費支払いから1〜2ヶ月後に付与されます。

プログラム期間中とは、
カード入金日/切替日から1年間です。

1ヶ月あたり12.5万円の支払いが必要となります。
これまでは利用金額達成条件がなかったので改悪ですね。

ただし、2023年4月23日(日)までに付与される無料宿泊特典サーティフィケートは、
利用金額達成条件にかかわらず付与されます。

つまり、2022年2月23日(水)までにSPGアメックスに入会した場合、
無条件で特典付与されるということです。

また、無料宿泊特典サーティフィケートに最大15,000マリオットボンヴォイポイントを追加して、
最大合計65,000マリオットボンヴォイポイント以下のホテルで1泊1室分利用できるトップオフ制度があります。

これにより、
旧カテゴリー7ホテルや旧カテゴリー8ホテル(ポイントセーバー適用時)にも特典が使えます。

ホテルカテゴリーについて、
さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

マリオットボンヴォイ(旧SPG)アメックスで泊まれる国内ホテル全てを紹介【エリアとカテゴリー別に一覧で】「マリオットボンヴォイ(旧SPG)アメックスで国内のどのホテルに泊まろうか考えている」「マリオットボンヴォイアメックスカードを作ろうか悩んでいるけど、その前にどんなホテルに宿泊できるか知りたい」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は主に、マリオットボンヴォイ(旧SPG)アメックスのポイント利用で宿泊できるホテル一覧についてです。...

また、ポイントセーバーについて、
詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

マリオットボンヴォイポイントのお得な使い方4選【知らないと大きな差がつく】「貯めたマリオットボンヴォイポイントを最大限お得に使いたい」「貴重なポイントなので出来るだけうまく使いたい」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は、1.ポイントセーバー、2.ポイントアドバンス、3.キャッシュ+ポイント特典交換、4.4泊分で5泊滞在特典についてです。...

⑤プラチナエリート会員資格

年間400万円以上のカード利用で、
ゴールドエリート会員資格のさらに上のプラチナエリート会員資格が付与されます。

毎年1月1日〜12月31日のカード利用が資格付与対象となりますが、
2022年に限っては2月24日〜12月31日が期間なので要注意です。

プラチナエリート会員資格の有効期間は、
会員資格登録後から12ヶ月間となります。

プラチナエリート会員資格の有効期間中、
さらに年間400万円以上のカード利用で、
13ヶ月目以降もさらに会員資格を継続可能です。

これまでは年間50泊以上の宿泊実績が必要だったので、
400万円以上カード利用する方には嬉しい変更です。

⑥100米ドルのプロパティクレジット

「100米ドルのプロパティクレジット」は、
今回新たに追加される特典です。

「ザ・リッツ・カールトン」または「セントレジス」に、
「100米ドルのプロパティクレジット」付きのプランで2連泊以上で予約すると、
「100米ドルのプロパティクレジット/1予約」が付与されます。

プロパティクレジットは、
ホテル施設のレストランやスパなどで利用可能です。

⑦スマートフォン・プロテクション

「スマートフォン・プロテクション」も、
今回新たに追加される特典です。

補償内容は下記の通り。

補償対象 スマートフォン(1台のみ)
補償範囲 破損(スクリーン画面割れ損害を含む)、火災、水濡れ、盗難
支払限度額 3万円
対象端末 購入日より2年以内のスマートフォン
免責金額 ・破損(スクリーン画面割れ損害を含む)、火災、水濡れの場合:1事故につき1万円
・盗難による事故の場合:1事故につき1.5万円
補償条件
・2022年2月24日(木)以降に生じた事故であること
・事故発生時点で、通信量を直近3ヶ月以上連続してマリオット ボンヴォイアメックスプレミアムで決済していること

支払限度額が3万円と大した金額ではないので、
あくまでおまけ程度の特典と考えておくのが良いでしょう。

⑧手荷物無料宅配サービス

帰国時に空港から自宅まで手荷物を無料宅配してくれるサービスですが、
対象空港に羽田空港(第3ターミナル)が追加されます。

預入可能な⼿荷物条件は下記の通りです。

お荷物の種類 スーツケース、ゴルフバック
取扱いサイズ 縦/横、⾼さの合計が160㎝以内(サイズオーバー時も30kg以内であれば160サイズとみなす)
重量 30㎏以内(ヤマト運輸の場合25kg以内)

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港に加え、
主要空港で利用できるようになるのは嬉しい変更です。

⑨海外旅行傷害保険

2022年8月1日(月)以降、
海外旅行傷害保険が利用付帯のみとなります。

引用元:公式サイト

これまで自動付帯と利用付帯があったので、シンプルに改悪ですね。

まとめ:SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスプレミアムへの変更へ備えよう

本記事は「SPGアメックスからマリオットボンヴォイアメックスプレミアムへの変更点【改悪?改善?徹底解説】」について紹介してきました。

やや改悪した印象がありますが、
個人的にはまだ保有し続ける価値は十分にあると思います。

カードを持つだけで「マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員」になれるマリオットボンヴォイアメックスは、
当サイトの紹介での入会だと最大88,500マリオットボンヴォイポイント(※入会後3ヶ月以内に合計75万円以上のカード利用)獲得できます。

ご希望の方は下記フォームからお気軽にご連絡ください。

公式サイトより、
6,000ポイントお得に申し込む

※2022年9月現在、紹介からの入会で6,000ポイント多く獲得する以上にお得なキャンペーンはありません。

以上、りょう(@Ryo_Kyoto1118)でした。

ABOUT ME
Ryo
サイドFIREを目指すマリオット(旧SPG)アメックス好き、ミニマリストの20代サラリーマンです。 まるログは、マリオット(旧SPG)アメックスで得られる体験の素晴らしさやミニマリストとして購入して本当に良かったモノを紹介しているブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA