マリオット宿泊体験

宿泊体験|マリオットボンヴォイアメックスで泊まるザ・リッツ・カールトン大阪(アクセス~客室編)

マリオットボンヴォイアメックスでザ・リッツ・カールトン大阪への宿泊を検討している
マリオットボンヴォイアメックスでザ・リッツ・カールトン大阪に宿泊すると、どんな感じか知りたい
りょう
りょう
こんな方向けの記事です

 

こんにちは、りょう(@Ryo_Kyoto1118)です。

先日、マリオットボンヴォイアメックス利用で貯まるマリオットボンヴォイポイント(60,000ポイント)を使って「ザ・リッツ・カールトン大阪」に泊まってきました。

結果から言うと、
残念ながら今回は朝食無料や客室アップグレードなどのサービスが付いてこなかったです。

でも、特別感のある体験ができたので、
その様子を何回かに分けて紹介していきますが、
今回は「アクセス~客室編」について紹介していきます。

その前に「マリオットボンヴォイアメックスとは何?」という方は、
こちらの記事を参考にしてみてください。

マリオットボンヴォイアメックスとは?【旅・ホテル好きにおすすめの最高の一枚】「マリオットボンヴォイアメックスとはそもそもどうゆうカード?」「マリオットボンヴォイアメックスへの入会を検討している」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は、1.マリオットボンヴォイアメックスの概要、2.特典やサービス、3.ポイントの獲得方法、4.ポイントの使い道についてです。...

宿泊体験|マリオットボンヴォイアメックスで泊まるザ・リッツ・カールトン大阪(アクセス~客室編)

ザ・リッツ・カールトン大阪へのアクセス

ザ・リッツ・カールトン大阪へのアクセスは、大きく3通りの方法があります。

①車でのアクセス

②電車でのアクセス

③空港からのリムジンバスでのアクセス

では、それぞれのアクセスについて紹介していきます。

①車でのアクセス

1泊1台につき駐車料金2,100円が必要となります。
宿泊しているのに高いですね。

また、「バレーパーキングサービス」もありますが、
こちらも5,400円と有料でかなりお高め。

ただ、5,400円を支払うと「チェックイン〜翌日15:00」まで何度でも利用可能ですが、
それにしても車で宿泊しにきた人に優しくないですね。。。

②電車でのアクセス

阪神「大阪梅田駅」地下鉄四つ橋線「西梅田駅」が最寄駅ですが、
他にもJR「大阪駅」、JR東西線「北新地駅」、地下鉄御堂筋線「梅田駅」、
地下鉄谷町線「東梅田駅」、阪急「大阪梅田駅」などからアクセス可能です。

全ての駅から徒歩約5〜15分でホテルにたどり着くことができます。

また、ザ・リッツ・カールトン大阪までの道は地上と地下の2通りあるので、
雨や雪などが降っている場合は、地下を使えば一切濡れずにたどり着けます。

地下では「ザ・リッツ・カールトン大阪」の方向へひたすら歩いていくと、
このように目印となる表示がされているので、
表示が見えたらさらに少し奥へ歩いていくと到着です。

「ザ・リッツ・カールトン大阪」のロゴがカッコ良すぎます。

こちらの扉を入っていくとエレベーターがあるので、
ここからロビーフロアまで行けます。

③空港からのリムジンバスでのアクセス

関西国際空港または大阪国際(伊丹)空港から
ザ・リッツ・カールトン大阪の近くまでリムジンバスが出ています。

■関西国際空港
第1ターミナル5番バス乗り場または第2ターミナル1番バス乗り場から「大阪駅前行き」に乗車
→約60分で「ハービス大阪前」に到着し下車
→バス停から徒歩約3分でホテル到着

料金は「大人(中学生以上)1,600円、小児(小学生)800円」

■大阪国際(伊丹)空港
9番バス乗り場から「大阪駅前(梅田駅)行き」に乗車
→約25分で「ハービス大阪」に到着し下車
→バス停から徒歩約3分でホテルに到着

料金は「大人(中学生以上)650円、小児(小学生)330円」

大きなスーツケースなどもバスの下に収納できるので、
長時間荷物を持って移動したくない方大阪の地理に詳しくない方は、
リムジンバスを利用したアクセスもおすすめです。

ザ・リッツ・カールトン大阪へのチェックイン

当日は通常通り15:00にチェックインしました。

「ザ・リッツ・カールトン大阪」なので、
スムーズにチェックインして客室に入れるだろうと思っていたら、
「チェックインの準備ができるまで少しお待ちいただけますでしょうか」とまさかの一言。

そして、特にウェルカムドリンクサービスなどもなく、
案内の声をかけられるまでロビーで10〜15分程度待たされました。

通常のチェックイン時間に行ったので、
そこからさらに待たされて少し残念な気持ちになりました。

なお、ウェルカムドリンクサービスはなかったのですが、
セルフで水を飲むことは可能でした。

ようやくチェックイン手続きの案内をされ、
マリオットボンヴォイアメックスカード利用の最大ポイントである
「客室アップグレード」を期待して手続きをしたのですが、
残念ながら「アップグレード」の「ア」の字も出てきませんでした。

こればっかりは運ですから仕方ないですね。

チェックイン手続きを終えると、
客室まで係員が荷物を運びながら同行してくれます。

客室へ到着すると、
設備に関する案内を一通りしてくれて、
最後に「何か私にお手伝いできることはありますか?」と聞いてくれます。

この辺りのホスピタリティが徹底されているのはさすがですね。

ザ・リッツ・カールトン大阪の客室

ザ・リッツ・カールトン大阪の客室は25階のスーペリアルームでした。

7月の土曜日に宿泊してきたのですが、
同時期の料金を公式ホームページで確認すると
76,222円となっていますので、
1泊しただけで年会費49,500円(税込)以上の価値があったことになります。

廊下から客室の扉まで、
このようなアイボリーカラーを基調としたデザインになっています。

扉の鍵はカードキータイプです。
内側から見るとこんな感じになっています。

客室に入ると、
正面にクローゼット、左手に洗面台、お手洗い、お風呂場、
右手にベッドルームがある作りになっていました。

客室の広さは約40〜43平米あるので、
スーツケースなど大きな荷物を持っている場合でも
特に問題なく置いたり広げたりできます。

ベッドルームはこんな感じで非常に洋風なテイストになっています。

ベッドサイドには客室電話とメモだけが置かれていて、
引き出しを開けると聖書やミネラルウォーターなどが入っています。

コンセントはUSBタイプと2種類あり、
左側のボタンでベッドルームのライトやカーテンの開閉ができます。

「DO NOT DISTURB(起こさないでください)」ボタンもここで操作できます。
入口付近にある場合が多い気がするので便利ですね。

高級そうなイスや、ジャケット&パンツをかける家具が置かれています。
こんなの初めて見ました。

ベッドの反対側にはテレビがありますが、
これも高級そうなテレビ台の上にあります。

こちらも高級そうなテーブルが置いてありますが、
こんなところで手紙でも書いたら良い文章が書けそうですね。

テーブルの上には、
客室電話やテレビチャンネル

スパやマッサージ

インルームダイニングなどの案内があります。

大きな窓から見える眺望に関しては、正直最悪です。

高層階客室や位置によっては良いのかもしれませんが、
こんな感じでビルしか見えませんので、
眺望を期待する方にはおすすめできないホテルかもしれません。

クローゼットには金庫、バスローブ、パジャマ、アイロン(台)、
ハンガー、靴ベラ、バゲージラックなどがセットされています。

金庫の上にある黒いボックスの中には、
無料の靴磨きサービスの案内が入っていました。
(靴磨きをしてもらえるような革靴で行けばよかった)

また、引き出しにはソーイングセットや靴磨き

ランドリーサービスの案内

スリッパがセットされていました。

扉の裏側には全身鏡が付いています。

クローゼットの反対側には、
ミネラルウォーターやコーヒーマシーン、電気ケトル、コップ類

ミニバーや冷蔵庫があります。

ミネラルウォーターやコーヒーは無料で飲むことができます。

洗面台は2つあるので広々と使えます。

洗面台には、ハンドタオル、ドライヤー(パナソニック)、
マウスウォッシュ、ボディローションがセットされています。

また、アメニティセット(綿棒、コットン、サニタリーバッグ、ヘアブラシ、
シェービングフォーム、歯ブラシ、かみそり)が箱に入っています。

洗面台の横にはお手洗いがあります。
もちろんウォシュレット完備です。

お手洗いの横にはシャワールームがあります。

シャワーは固定タイプです。

リッツ・カールトンといえば「Asprey」ですね。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープがあります。

シャワールームの脇にタオル掛けがあるので、
床を濡らさずに体を拭くことができるのはグッドポイントですね。

そして、シャワールームの反対側にバスタブがあります。

バスタブにもシャワーが付いていて、
こちらはハンドタイプです。

シャワールームの固定タイプが嫌という方は、
バスタブにカーテンが付いているので、
ハンドタイプで体を洗い流すこともできます。

最後に、
夜ご飯のための外出から戻ってくるとターンダウンサービスがされていました。
こんな感じでいつでも寝られる雰囲気に変えておいてくれます。

ベッドの上には、
朝食の案内と客室清掃してくださった方からのメッセージ。

ベッドサイドには、
チョコレートとミネラルウォーター、テレビのリモコンが追加されていました。

おかげさまでこのまま朝までぐっすりと眠りました。

まとめ:マリオットボンヴォイアメックスで泊まるザ・リッツ・カールトン大阪は格別

本記事は「ザ・リッツ・カールトン大阪にマリオットボンヴォイアメックスで宿泊(アクセス~客室編)」について紹介してきました。

今回はこれといって特別なサービスを受けることができませんでしたが、
ザ・リッツ・カールトン大阪のような高級ホテルに無料で宿泊できる優越感はハンパないですね。

普通だったら76,222円も出して宿泊しようとは思わないですが、
ポイント利用で宿泊のトライができるのもマリオットボンヴォイアメックスの良い点ですね。

皆さんにも是非この良さを体験してもらって共感したいです。

カードを持つだけで「マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員」になれるマリオットボンヴォイアメックスは、
当サイトの紹介での入会だと最大88,500マリオットボンヴォイポイント(※入会後3ヶ月以内に合計75万円以上のカード利用)獲得できます。

ご希望の方は下記フォームからお気軽にご連絡ください。

公式サイトより、
6,000ポイントお得に申し込む

※2022年9月現在、紹介からの入会で6,000ポイント多く獲得する以上にお得なキャンペーンはありません。

以上、りょう(@Ryo_Kyoto1118)でした。

宿泊体験|マリオットボンヴォイアメックスで泊まるザ・リッツ・カールトン大阪(プール&フィットネスジム編)「マリオットボンヴォイアメックスでザ・リッツ・カールトン大阪に泊まったらプールやフィットネスジムを利用したい」「ザ・リッツ・カールトン大阪のプールやフィットネスジムってどんな感じなの?」←こんな方向けの記事です。本記事の内容は、1.プール、2.フィットネスジムについてです。...
ABOUT ME
Ryo
サイドFIREを目指すマリオット(旧SPG)アメックス好き、ミニマリストの20代サラリーマンです。 まるログは、マリオット(旧SPG)アメックスで得られる体験の素晴らしさやミニマリストとして購入して本当に良かったモノを紹介しているブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA